借金返済方法の相談なら債務整理で問題解決

借金返済の問題は悩みを抱えるよりも相談

もっと早く知っていれば楽に返済することができたのに・・。

 

改めて「知る」ということが自分にとってどれほどプラスになるか改めて実感させられました。

 

まず、あなたの借金が返済できるか?
ここから確かめていきましょう。

 

 

 

なんとか借金を返済しようといろんなバイトを掛け持ちし、そこで知り合った主婦の方も同様の悩みを抱えていたことから、私が行ったことを包み隠さず教えることで無事解決できたと喜んでいました。

 

なので、同じ事で悩まれている方に少しでもプラスになれたらと思い、全てをここでお話しますね。

借金が返済ができないくらい膨らんだ過去の体験

もともと私は、友人達とお酒を飲んでご飯を食べて盛り上がるのが好きで、仕事が早く終わる時や休みの週末などの時に、よく行きつけの居酒屋さんに行っていました。

 

この時は使いすぎても、月に4〜5万円は貯金するのが普通。

 

この生活で満足していたのですが、ある時、3人で晩ご飯を食べようということになったのですが、3人のうちの一人が仕事で1時間ほど遅れるという連絡がきました。
行きつけの居酒屋さんに先に行ってもよかったのですが、私といた友人が
「1時間ほどちょっとパチスロしない?」

 

振り返って思うとこの一言が後々、取り返しのつかない事態へと落ちていくきっかけになったのだなと・・。

 

私は、中学の頃かけトランプで負けることが多かったことからギャンブルは自分には向かないとパチスロ・競馬などはしたことがありませんでした。

 

友人のこの一言を突っぱねてもよかったのですが、興味があって時間も1時間と限定されてるわけだから、ちょっとくらいならと。

 

実際にしてみると、最初はあまりつまらないと思いました。
このまま負けて終われば良かったのですが、選んだ台がよかったこともあって、大当たり。

 

時間が限定されていることもあって、渋々途中で辞めて、換金することに。
1万円を渡されこの時は、こんなものかという程度。
しかし、友人と食事をした後、自宅に返ってゆっくりすると

 

【あの時、もし続けていればどれくらい勝っていたんだろう】

 

こういう考えが日に日に強くなり、結果またパチスロに。
ギャンブルをされている方なら分かると思いますが、都合よくポンポン勝てるというものではないんですよね。

 

でも、時々勝つこともあって次第にハマり
「友人との飲み・ギャンブル」
計画性のない私は、使いすぎてしまい消費者金融で、初めてお金を借りることに。
初めての事だけあって、給料が出たらすぐにこの借金を返していました。

 

でもこれが慣れてくると、お金を借りる「借金する」ことに警戒心が徐々にマヒしてくるんですよね。

 

5ヶ月ほど後に限度額に達していました。
ただ、限度額といっても20万円と返せないような額でもないため、それほど重く受け止めなかったのです。
お金に対する不安よりも楽しみのほうが勝っていたのですね。

 

その後さらに違う消費者金融に行き、お金を新たに借りては使い込んでを繰り返す毎日で40万円程度に。

消費者金融の多重債務でさらに返済できないくらい借金が膨らんだ体験

借金をした消費者金融の2社は上限いっぱい。
ここで普段の自分が取り戻せたらよいのですが、金銭感覚がマヒしてしまっていることもあり、3・4社と足を運んでは借金を膨らませてしまいました。
消費者金融でお金を借りたことがある方なら分かると思うのですが、一定の期間が経つことで、上限って上がっていくんですよね。
この上限があがったことを喜び、さらに借金はエスカレート。

 

桁が変わって約200万円ほどにまでになり、利子だけでも大変という状況になって初めて、真面目に返済のことを考えるようになりました。

 

でも、遅かった・・。

 

もっと早くに返済していれば・・。

 

友人とご飯を食べて飲んで楽しむどころか、毎日の生活だけでもギリギリ。

 

さらに追い打ちがあり、それが給与の減額とボーナスカット。
頼みの綱であったボーナスまでもが・・。

 

借りたお金に対して、どのように返済するか、全く考えていなかった私は、遂に利子まで払えなくなってしまう状況に。

 

なんとかしないといけない状況ではあるけど対策として何も考えていなかった私は、努めていた会社には内緒でホテルなど清掃のバイトをすることに。
仕事が休みの日もバイト。

 

それでも返せるお金がなく、1社の消費者金融に払えないことを伝えると、来月に今月と来月の分とまとめて返すよう言われました。
この時1社だけでなく4社の多重債務の重さにパニックになりそうでした。

 

消費者金融で借りたお金が返せないといっても、親若しくは友人にパチスロで膨れ上がった借金など相談できない。

無料相談という手段から借金の問題を解決できることを知る

なんとかしないといけないと思いながら、仕事とバイトで体も次第にフラフラに。
そんな時に、インターネットで見かけた

 

「借金の返済に困っている方は」

 

という言葉。

 

この言葉に惹かれた私はそのWEBページを見て膨らんだ借金は相談によって解決することができることを知りました。

 

利子すら払えない状況から脱出す術など持ち合わせていない私は迷うことなく相談をすることに。

 

無料相談によって自分の今の借金の状況が分かるだけでなく、債務整理をするにあたってベストな弁護士を紹介してくれたりと一気に借金の問題を打開していく道筋が見えました。

 

誰かに自分の悩みを打ち明けたい気持ちでいっぱいだった私は、悩みを聞いてくれる人が現れて気持ちが楽になりました。

 

その後、相手の方から
「ここからは任せてください」

 

この一言に、これでうまくいくのか不安もありましたが希望がもてました。

 

結果として4ヶ月程度で普通の生活に戻ることができました。

 

初めに支払いに困っていた利子は処理が終わるまではらう必要がなくなったこと。
そして、過払いがあったことで手元に14万円が戻り、毎月4万円の支払いを13回に分けるという計画をたてて頂き借りたお金の問題を無事に解決へと導いてくれました。

 

相談に乗っていただいた方に借金とは別に30万円ほどかかることになりましたが、分割払い。

 

完全に支払いが終わるまでは、友人と飲みにいくのは減らさないといけませんが、利子で苦しんでいた時に比べて気持ちの面や経済的にもはるかに楽になりました。

きれいに借金返済の問題を解決でき思い描いた普通の暮らしに

積もり積もった借金は先日きれいに返済。
思い返せば、興味本位ではじめたパチスロがここまで自分を苦しめることになるとは、思いもしませんでした。

 

今は清掃のバイトは辞め、仕事が早く終われば、友人と飲みにく行くこれまでの生活に戻ることができました。

 

上記でも記載していますが、バイトで同じ悩みを抱えていた主婦の方もメールで無事返済できたという連絡がありとてもうれしそうでした。

 

もし、私と同じように借金の返済で困り問題を一人で抱え込んでおられる方は「相談」という手段があることを知ってください。
悩みを打ち明けられる強い味方ができ解決へと導いてくれますよ。

 

返済に困る借金があるなら弁護士に相談してみよう

上記の体験談をご覧になれば分かるかと思いますが、複数の消費者金融から借金するいわゆる多重債務となれば、たちまち返済に追われることになるわけですが、どのように返していけばよいのかあ?皆目検討もつかなくなってしまいます。
そうなれば、生活はさらに苦しくなってしまいますし、どうやって返そうかとばかり考えてしまう挙句に夜も眠れなくなってしまうほど精神的に追い詰められます。
悩みぬいた結果、解決できるのであれば、それに越したことはないでしょうが、現実的に多額の借金を返済できる目処がたってないのに解決できるものではありません。

 

そこで、力になってくれるのが弁護士さん。
法的な手段によって借りてるお金を返しやすくまとめていく手続きをしてくれるのですが、これを債務整理といいます。
この債務整理の中には、借金の問題を抱えている人の生活状況に応じた返済方法が分岐されています。
任意整理」「個人再生」「自己破産」
お金が払えないことで悩んでいる多くの人が実施しているのはこの3つ。

 

それぞれ特長があり、また社会的な制裁(リスク)もそれぞれによって違ってきます。初めは、何がなにやらさっぱり分からないでしょうが、大雑把でいいので弁護士さんに相談しに行く前にざっくりでよいので知っておきおましょう。
また近頃では無料相談というものがあり、ネットで現在のあなた自身の借金についてこまかく知ることができます。それだけでなく弁護士から提案も受けられより返済を現実に近づけられるため、利用するに越したことはないですよ。